気象庁、長野・岐阜県境にある焼岳の噴火警戒レベルを引き上げ

日本の気象庁は24日、長野県と岐阜県の境にある焼岳の噴火警戒レベルを2に引き上げた。
気象庁のウェブサイト内の発表によると、24日9時30分、長野県と岐阜県の国境にある焼岳の噴火警戒レベルが1から2に引き上げられ、火口周辺に規制が設けられた。
気象庁は、想定火口域から概ね1キロの範囲では、大きな噴石の飛散に警戒を呼びかけている。
関連ニュース
青森県でM5.4の地震 最大震度3
アラスカで日本人登山家が滑落死
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала