知床観光船事故 吊られた状態の船体が海底に落下

© 写真 : Shiretoko Pleasure Boat, Shari-cho北海道知床沖で連絡が途絶えた観光船「KAZU 1」
北海道知床沖で連絡が途絶えた観光船「KAZU 1」 - Sputnik 日本, 1920, 24.05.2022
北海道の知床半島沖の沈没事故で、23日に現場の海底から海中につられた状態のまま作業船で運ばれていた観光船「KAZU 1」の船体が、24日午前、海域で落下した。海上保安庁の情報を元にNHKが伝えている。
NHKの報道によると、船体は、北海道斜里町のウトロ港の西およそ11キロの海域で落下した。
24日午前10時20分ごろ、作業に携わる日本サルヴェージ会社から海上保安庁に「午前8時から10時の間のいずれかの時間帯で船体をなくした」と連絡があった。
日本の松尾官房長官 - Sputnik 日本, 1920, 16.05.2022
日ロ関係悪化は知床沖観光船行方不明者の捜索活動に影響を与えない=松野内閣官房長官
現場海域を水中カメラで捜索したところ、11時半すぎ、深さ182メートルの海底に沈んでいるのが確認された。
船体は、船底を下にした状態で沈没していて、水中カメラで確認するかぎり、大きな損傷はなく、原型をとどめているという。
北海道知床半島沖で観光船「KAZU 1」が沈没し、乗客14人が死亡、12人の行方が分からなくなっている事故で、海底に沈んだ船は23日、海面の下20メートル程度の海中までつり上げられ、作業船の上に引き揚げられる見通しだった。
関連ニュース
知床沖沈没事故、クナシル島で発見の遺体は甲板員男性か
クナシル島の海岸で女性の遺体 知床観光船事故の行方不明者か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала