日本、米国に高濃縮ウラン30キロを引き渡し

© Flickr / Greens MPs核燃料(イメージ)
核燃料(イメージ) - Sputnik 日本, 1920, 24.05.2022
日本を公式訪問しているジョー・バイデン米大統領と岸田文雄首相は日本が核燃料などとして利用した30キログラムの高濃縮ウランを米国側に引き渡したと表明した。核兵器への転用などを防ぐための安全保障上の理由とみられる。23日、米国エネルギー省が明らかにした。
同省によると、ウランは3月に米テネシー、サウスカロライナ両州に運搬されたが、公表したのは5月23日になってからだった。ウランは低濃縮ウランに加工されるか廃棄される予定で、同省は核爆発物として利用されるリスクを恒久的に低減するとしている。
福島第一原発 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
IAEA事務局長 福島第一原発を視察  処理水放出の準備を好評価
日米間の核エネルギーの平和利用に関する協定は1956年に締結された。1988年にはどちらか一方の国が協定破棄を宣言するまで自動延長されることが表明されており、直近では2018年に延長されていた。この協定をもとに日本は国内で核燃料の加工やウラン濃縮のほか、加工によって生成されるプルトニウムの利用も可能となっている。
関連ニュース
ウクライナでの軍事作戦で日本の原子力エネルギーに発展の可能性
日米首脳会談 岸田首相「来年のG7は広島で」 バイデン大統領賛同
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала