米国、台湾に累計8兆円規模の軍事協力 中国が批判

© AP Photo / Ng Han Guan中国外務省の汪文斌報道官
中国外務省の汪文斌報道官 - Sputnik 日本, 1920, 24.05.2022
中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は、米国の台湾への武器取引額の累計が700億ドル(約8兆円)を超えたと指摘し、米国側をけん制した。23日の定例会見で明らかにした。
汪報道官は「米国による台湾への武器の販売は量的にも質的にも絶え間なく増え続けており、累計では700億ドルを超えた」と述べた。また、「こうした行為は台湾への武器供給の段階的削減という米国の責務に違反するものである」と加えた。
中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官 - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2022
中国外務省、米国に「断固として反対を表明」 バイデン米大統領の「台湾への軍事関与」意向を受け
米国は台湾の主要な武器調達先であり、2022年4月には米国務省は地対空ミサイル「パトリオット」に関する訓練や配備などの9500万ドル(約117億円)規模の技術支援を承認していた。また、近くF-16V戦闘機や戦車、無人機といった武器の供給も計画されている。
関連ニュース
豪新首相「中国との関係は困難」、対中強硬路線を継続
バイデン大統領、IPEF発足宣言 経済安保で「脱中国」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала