ペスコフ報道官、クリル諸島の名称変更というアイデアについて言及

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / フォトバンクに移行ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官
ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、クリル諸島の名称を変更するというロスコスモス社のドミトリー・ロゴージン社長のアイデアについてコメントし、以前、ロシア地理学会がこのイニシアチブを考案していると強調した。
これに先立ち、ロゴージン氏はクリル諸島南部を改名すべきと表明し、その島々にロシア語の名称、例えば、日露戦争時の出来事や、有名な防護巡洋艦「ヴァリャーグ号」や航洋砲艦「コレーエツ号」などに因んだ名をつけることを提案した。
南クリル 政治対話は中断 祖先のビザなし墓参はどうなるか? - Sputnik 日本, 1920, 26.03.2022
南クリル 政治対話は中断 祖先のビザなし墓参はどうなるか?
ペスコフ報道官は、ロシア政府がロスコスモス社代表のクリル諸島の名称変更というアイデアを支持しているかどうか、そして誰がそれを開始すべきかについて記者から質問され、次のように回答した。

「もちろん、いわゆる現場からのイニシアチブはいつでも歓迎だ。数年来になるだろうか、長年の取り組みを思い出してもらいたい。ロシア地理学会は、ご存知の通り、会長はショイグ国防相、理事長はプーチン大統領だ。そして、外国の名称の語源について話題となった時、地名をロシアの名称に変えるということを先駆的に行ったのは、ロシア地理学会だ」

関連ニュース
露日領土問題-客観的な見解
南クリル 日本が外交青書で「不法占拠」表現を復活
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала