ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

宇ザポリージャ州、ロシア領への編入目指す=地元政府

© Sputnik / Alexander Vilf / フォトバンクに移行ロシアの旗
ロシアの旗 - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
ザポリージャ州はウクライナ政府の管理から完全に解放された後、速やかにロシア領への編入を目指す。ザポリージャ軍民行政府のウラジーミル・ロゴフ首長がリアノーボスチ通信の取材に応じた中で明らかにした。
ロゴフ首長はリアノーボスチ通信の取材に応じた中で、次のように発言した。
「ザポリージャ州の未来はひとつしかない。それはロシア領の一部となり、正真正銘、ロシア連邦の行政区となることである。我々にグレーゾーンは必要ない。ザポリージャ人民共和国など必要ない。我々はロシアの一部になりたいのだ。過去数百年間そうであったように、我々がロシア帝国の前線だった。ザポリージャ州の住民はそのメンタリティにおいて、完全にロシア人である。だからこそ、あらゆる点で同化するには数か月で十分である。更に多くの人々がロシアとの接近を望んでいる」
ロシア通貨のルーブル - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
宇ザポリージャ州でロシア通貨が使用可能に=地元政府
ロシア領への編入はザポリージャ州の州都、ザポリージャ市が完全に解放された後に実行するという。
「今日においてウクライナの民族主義者から解放され、ロシア軍の管理下にあるのは全体の2/3である。しかし残念ながら現時点において州都のザポリージャ市は外部勢力、及びゼレンスキー体制が管理している。我々は確信しているが、この町は解放されるだろう」
ロゴフ氏によると、ザポリージャ州はロシアの南部連邦管区(行政府はロストフ・ナ・ドヌ)に編入されるのが妥当だという。
関連ニュース
ロシア 海上輸送による石油輸出量はこれまで通り=ブルームバーグ
西側が独裁的立場をとる中、露中の結びつきはさらに加速=露ラブロフ外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала