ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナを代表する映画監督がロシア文化のボイコットを批判、「国籍ではなく言動で判断せよ」

© Sputnik / Ekaterina Chesnokova / フォトバンクに移行セルゲイ・ロズニツァ氏(57)
セルゲイ・ロズニツァ氏(57) - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
ウクライナの映画監督、セルゲイ・ロズニツァ氏(57)は第75回カンヌ国際映画祭に参加した中で、ロシア文化の活動家に対するボイコットに抗議した。
ロズニツァ監督はAFP通信の取材に応じた中で、「私は確信しているが、パスポートではなく、その人個人の言動で判断すべきだ」と発言した。監督によると、人間に対して善、悪の烙印を押すことはグロテスクであり、あらゆるロシア人を無条件で悪と決めつけるのは非人道的であるという。
AFP通信によると、ロシアによる特殊軍事作戦開始以降、ロズニツァ監督はロシア文化のボイコットを巡り、多くのウクライナ人と論争を強いられたという。
露文豪プーシキンの本 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
独連邦議員がロシア人差別に反対する公開書簡に署名、「文化は平和、平和は文化を必要とする」
カンヌ国際映画祭の実行委員会は3月上旬、ロシアがウクライナで進める特殊軍事作戦を踏まえロシアの公式代表団を受け入れないと発表していた。カンヌ国際映画祭は5月17日から28日の日程で開催されている。
ロズニツァ監督は1964年生まれ、96年以降から映画監督として活躍している。
関連ニュース
政治イベント? ユーロビジョン2022でのウクライナ代表優勝をめぐり ロシア下院議員の見解
ウクライナで進む脱ロシア化、ゴーリキーの記念碑が撤去
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала