韓国軍と米軍が合同で北朝鮮の挑発行為に対抗、ミサイル2発を発射

© AP Photo / South Korea Defense Ministry 大陸弾道ミサイル「ヒョンム2」
大陸弾道ミサイル「ヒョンム2」 - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
韓国軍は北朝鮮によるミサイル発射実験への対抗として、米軍と合同でミサイル2発を発射した。韓国軍の合同参謀本部が発表した。
先に北朝鮮は3回にわたって大陸弾道ミサイルと見られる飛翔体を日本海に向けて発射していた。これを受け韓国軍は北朝鮮による挑発行為への対抗として軍事演習、エレファント・ウォークを実施したほか、韓国軍と米軍が管理するミサイルを1発ずつ発射した。韓国軍は大陸弾道ミサイル「ヒョンム2」を発射し、米軍は戦術ミサイルATACMSを発射した。
米国と北朝鮮 - Sputnik 日本, 1920, 22.05.2022
新型コロナウイルス
北朝鮮が米国の外交に応じない理由は新型コロナの規制=ロイター
合同参謀本部によると、北朝鮮側からのさらなる挑発行為を封じ込めるため、これらのミサイル発射によって米軍と韓国軍の攻撃能力を誇示したという。ミサイル発射の正確な時間については発表されていない。
なお、エレファント・ウォークには約30機のF15K戦闘機が参加したが、この軍事演習は前日の5月24日に実施されていた。韓国軍は北朝鮮によるミサイル発射実験の兆候を事前に把握していたことから、対抗措置として予めこの軍事演習を実施していた。
関連ニュース
日米豪印4カ国の枠組み「クアッド」 東京での首脳会合の総括
韓国の尹大統領、戦術核再配備の可能性を否定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала