ロシアのステルス攻撃型無人機「オホートニク」 その性能を米国がヴァリュー

© 写真 : Instagram/Fighter_bomber_ロシアの無人攻撃機「S70(オホートニク=狩人)」
ロシアの無人攻撃機「S70(オホートニク=狩人)」 - Sputnik 日本, 1920, 26.05.2022
米軍事専門出版の19FortyFiveはロシアの国防産業がS-70「オホートニク(ハンターの意味)」重攻撃型無人機の低観測技術に関するすべての問題を解決することができたと指摘した。同誌は、こうしたドローンはロシアの第5世代戦闘機Su-57の主翼となり、大規模な紛争で積極的に使用される可能性があると述べている。
S-70「オホートニク」は、飛行翼として設計されており、レーダーによる視認性を低下させるステルス技術を採用している。離陸重量は最大20トン、最大飛行速度は時速約1000キロ。19FortyFive誌は、ロシアのS-70「オホートニク」のような低視認性と戦術・技術の両面で高い特性を両立できる軍用ドローンは現在、米国には有していないと指摘している。
日本国旗 - Sputnik 日本, 1920, 05.05.2022
日本、極超音速兵器を追尾する無人機の常備展開を検討=産経新聞
スプートニクは先日、ロシアが5キロ離れた地点から5秒でドローンを燃やすことができるレーザーの試験を行ったと報じた。
関連ニュース
バイデン米大統領、ロシア極超音速ミサイルを「止めることは不可能」
2022年の中国のドローン取引総額が約2兆円超に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала