台湾への軍事介入を巡るバイデン氏の発言に中国が反発、「主権保護」のため軍事演習を実施

© AP Photo / Pang Xinglei/Xinhua中国、軍事
中国、軍事 - Sputnik 日本, 1920, 26.05.2022
中国人民解放軍が台湾周辺で軍事演習を実施することは、米国と台湾の取引に対抗し、さらには主権保護と領土保全を実現する上で必要不可欠な措置である。中国国防部の譚克非公式報道官が表明した。
先に中国人民解放軍の東部戦区は台湾周辺で軍事演習を実施し、これらの措置が米国への牽制として実施されたと発表していた。中国が台湾に軍事侵攻し、一方的に現状変更を目指す場合、米軍は台湾防衛のために行動に出る用意があるとジョー・バイデン大統領が表明したことを受けて軍事演習は実施された。公式報道官は会見の中で次のように発言した。
「我々は、米国と台湾間のあらゆる公的な連携、及び軍事的なつながりに厳しく抗議する。台湾の独立を目指す試みに出口はなく、台湾の独立を支援する行為は何も生み出さない」
日本の自民党の佐藤正久外交部会長 - Sputnik 日本, 1920, 24.05.2022
バイデン大統領の台湾防衛発言 「最高の失言」=自民党の佐藤正久氏
米国は「一つの中国」を支持し、独立台湾を支援しないと一度ならず表明しながら、中国を封じ込めることを目的に「台湾の地図」を長期間にわたってもて遊んでおり、これは危険な状況に繋がると譚克非公式報道官は警告した。報道官は、「台湾は中国の一部であり、台湾問題は外部からの干渉にさらされるものではない」と強調した。中国人民解放軍は常に臨戦態勢にあり、外部からの干渉、及び島の独立を達成しようとする分離主義的勢力の試みを阻止する用意があるとした。
米NBCテレビによると、バイデン大統領が台湾への軍事介入について発言した直後にホワイトハウスは声明を発表し、大統領は自衛のための兵器供与を念頭に台湾防衛に軍事的に参加する用意があると発言したと釈明していた。
関連ニュース
米国はウクライナの経験から学び、台湾の防衛を強化=ニューヨーク・タイムズ紙
中国外務省、クアッドに「小さなグループを作って対立をあおらないよう求める」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала