日米戦闘機8機で戦術訓練、即応態勢を確認=防衛省

F15戦闘機 - Sputnik 日本, 1920, 26.05.2022
防衛省の統合幕僚監部は日本海で25日に航空自衛隊と在日米軍による共同訓練を実施したと発表した。両国から計8機の戦闘機が参加し、各種戦術を訓練した。防衛省は「日米同盟に基づき、自衛隊と米軍との即応態勢を確認した」と発表している。日本メディアが報じた。
今回の共同訓練は、25日の北朝鮮による弾道ミサイル発射に対し、日米がけん制の意思表示のために急きょ対応したものとみられる。24日には中国とロシアの爆撃機が日本周辺で共同飛行しており、こうした動向も念頭に置いた可能性がある。
防衛省によると、空自からは北海道・千歳基地のF15戦闘機4機、米軍は青森県・三沢基地のF16戦闘機4機が訓練に参加した。
関連ニュース
台湾への軍事介入を巡るバイデン氏の発言に中国が反発、「主権保護」のため軍事演習を実施
ロシアは日本の敵対的活動を注視しており、防御策を講じる権利を留保する=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала