サル痘の感染確認 ポルトガルで49人に

© Fotolia / Decade3dキメラウイルス
キメラウイルス - Sputnik 日本, 1920, 26.05.2022
ポルトガルのラジオ局TSFが同国の保健当局を引用して報じたところによると、ポルトガルではサル痘の感染者が増加し、49人となった。
報道によると、感染者の大部分は首都リスボンとテージョ川の地域で確認されている。また北部ノルテ地方と最南端アルガルヴェでも数人の感染が確認されている。
医師によると、患者はすべて男性で、年齢は26~61歳。その多くは40歳未満だとされる。
電子顕微鏡で見たサルポックスウイルス - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
サル痘、欧州のセックスパーティーで感染が広がった可能性がある=WP
サル痘のヒトへの感染が初めて確認されたのは、1970年。その後、患者の報告が続いたが、一般的に流行地域はアフリカ。医学観察によると、ウイルスは通常、動物からヒトに感染した。
最近、欧州各国や米国、オーストラリアでサル痘の感染が相次いでいる。今のところ感染経路は不明。
関連ニュース
欧州で検出のサル痘 従来型より危険かをドイツが研究中
WHOがサル痘の拡大について討議するために専門家の緊急会議を招集=メディア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала