経済危機のスリランカ大統領、演説で日本に援助求む

© AFP 2022スリランカのゴタバヤ・ラジャパクサ大統領
スリランカのゴタバヤ・ラジャパクサ大統領 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2022
スリランカのゴタバヤ・ラジャパクサ大統領は26日、国際経済フォーラム「アジアの未来」でオンライン演説し、未曾有の経済危機に陥っている同国を救うため、日本を含む国際社会に支援を求めた。
スリランカは現在、1948年の建国以来最も深刻な経済危機に見舞われている。ガソリン備蓄が枯渇しているほか、その他の燃料や輸入食品、医薬品も不足している。2022年5月には、政府への抗議デモをめぐる混乱で、ラジャパクサ大統領の兄のマヒンダ・ラジャパクサ首相が辞任している。
ラジャパクサ大統領は、コロナ禍に端を発する観光産業の停滞やインフレ、超過債務などで「スリランカは深刻な財政危機に陥っている」と指摘。「医薬品、食糧、燃料などの輸入といった喫緊の需要充足のため国際社会の緊急支援が必要だ」と述べた。
スリランカ - Sputnik 日本, 1920, 09.04.2022
食糧不足、抗議デモ、通貨危機・・・スリランカで今何が起こっているのか?
また、「日本はスリランカの発展において重要なパートナーの1つである」とも述べ、現在調整中の日本からの経済支援の実行を待望するとした。
日本は20日、スリランカに計300万ドル(約3億8000万円)の緊急無償資金協力を行うことを決定したと発表していた。
関連ニュース
経済危機のスリランカ、裁判所が辞任の前首相の国外脱出禁止
スリランカ、国外在住の自国の市民に送金求める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала