新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

日本の研究者ら 古代の魚に四肢動物との共通点を確認

© Sputnik / Uliana Solovyova / フォトバンクに移行化石
化石 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2022
日本の理化学研究所が、約3億9000万年前のデボン紀に生息していたウナギのような生物の化石を調べたところ、この生物が四肢動物の近縁種に分類されることが分かった。この研究をまとめた論文が学術誌「ネイチャー」に掲載されている。
その生物とは、「パレオスポンディルス」。体長は5センチほどと小さい上に保存状態が良い化石がないことから、この生物の研究を進めるのが困難であったという。
研究者らは、この生物についてより正確なデータを得るため、X線マイクロCTで分析したところ、三半規管の存在などのいくつかの重要な特徴が明らかになった。その結果、パレオスポンディルスは、脊椎動物である四肢動物の近縁種に分類されることが分かった。
考古学 - Sputnik 日本, 1920, 09.05.2022
世界最大の魚竜の歯が発見
研究者らによると、この生物にはヒレがないが、ヒレを持つ他の多くの四肢動物よりも四肢動物に近いことがわかったという。
関連ニュース
日本の研究者、テリジノサウルス科の新種の恐竜を発見
地球で最初の多細胞生物は、酸素がない環境で進化した=研究
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала