ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ドイツ、ウクライナへの武器供給を最小限に抑える=独メディア

ドイツ旗 - Sputnik 日本, 1920, 29.05.2022
ドイツ政府は過去9週間にわたり、ウクライナへの武器供給を最小限に抑えてきた。ドイツのWeltamSonntag新聞が公式文書を引用して伝えた。
オラフ・ショルツ独首相はNATO同盟国との合意を指摘し、ウクライナに重火器を送っていない。WeltamSonntagによれば、3月末以来、ドイツはウクライナに「言及に値する軽兵器」をほぼ供給していない。
3月30日から5月26日までの間に、ウクライナはドイツから2回だけ武器を受け取ったという。 5月中旬、ウクライナはドイツから3000台の対戦車地雷と1600台の指向性対人地雷を受け取った。
NATO - Sputnik 日本, 1920, 19.05.2022
スウェーデンとフィンランドのNATO加盟が欧州の安全を脅かす=ドイツ紙
一方、ドイツ国防省のモラー政務次官は、政府は供給を遅らせていないと述べた。同氏によると、ドイツは他の西側諸国と団結しており、欧米の軍隊に使用されている歩兵戦闘車(IFV)と戦車についてはそもそもウクライナに供給しない立場を取っている。
これより前、ドイツ通信社は、ウクライナに特定の兵器システムを供給しないというNATO諸国間の「非公式な」合意があると報じていた。
先に、イスラエルは、ドイツがイスラエルのライセンスで生産した対戦車ミサイル「スパイク」をウクライナに供給することを許可するという米国の要求を拒否したと報じられていた。
関連ニュース
ロシア、ドイツ首脳が電話会談 その内容は?
米議会、ウクライナ支援による米国の兵器の在庫払底を懸念
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала