国連人権高等弁務官がウイグル自治区を視察、中国に懸念を提起

© AP Photo / Bebeto Matthews国連人権高等弁務官がウイグル自治区を視察、中国に懸念を提起
国連人権高等弁務官がウイグル自治区を視察、中国に懸念を提起 - Sputnik 日本, 1920, 29.05.2022
国連のバチェレ人権高等弁務官は中国政府がテロ対策として少数民族のウイグル族などに行っている政策について懸念を提起し、中国側に政策の見直しを求めた。中国新疆ウイグル自治区の視察を終えた後の記者会見で表明した。NHKが報じた。
人権状況をめぐって懸念が示されている中国の新疆ウイグル自治区を視察するため、現地を訪れていた国連のバチェレ人権高等弁務官は視察最終日の28日、南部・広州からオンラインで記者会見に応じた。この中で、バチェレ氏は6日間の中国滞在中の2日間、新疆ウイグル自治区を訪れ、中国側が職業訓練用に使っていたとする施設や刑務所を訪問したことを明らかにした。
そして、中国政府がテロ対策としてきた政策について「人権に与える影響に懸念を提起した」と述べ、恣意的な人権基準を設定しないよう要求した。
中国 台湾の分離主義者への武力行使も辞さず - Sputnik 日本, 1920, 28.05.2022
中国 台湾の分離主義者への武力行使も辞さず
また、中国国外に住むウイグル族の人たちから「家族と連絡が取れない」という訴えが相次いでいる問題について、「詳細に踏み込むことは困難だった」と述べる一方、「こうした家族に関する情報を最優先で提供するよう当局に訴えた」と述べた。
なおバチェレ氏は今回の訪問について、調査目的ではないとし、ウイグル族の人権状況を詳細に把握するのは困難だったと指摘した。
関連ニュース
中国のウイグル収容施設をブロガーが密かに撮影
中国が反発 新疆ウイグルに関する米国法
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала