アフガニスタン サル痘の可能性のある症例2件を初めて確認

© 写真 : CDCアフガニスタン サル痘の可能性のある症例2件を初めて確認
アフガニスタン サル痘の可能性のある症例2件を初めて確認 - Sputnik 日本, 1920, 29.05.2022
アフガニスタンのニムロズ州(イランとパキスタンに隣接)で28日、サル痘の可能性がある症例が2件、初めて検出された。同国のテレビ局「アリアナ・ニュース」が保健省の関係者の話を引用して報じている。
同テレビ局によると、イランから強制送還された2人の移民に感染の可能性があるという。
サル痘は、ヒトの間でも感染する珍しいウイルス感染症。通常は軽症で、ほとんどの人が数週間以内に回復するが、人によっては合併症を起こすことがある。サル痘の初期症状は、発熱、頭痛、筋肉痛、背中の痛み、リンパ節腫脹、悪寒、疲労感など。発疹は、多くの場合、顔から始まり、体の他の部分に広っていく。発疹は変化していき、様々な段階を経て最終的にかさぶたを形成し、その後剥がれ落ちるという。
関連ニュース
サル痘の感染確認 ポルトガルで49人に
サル痘、欧州のセックスパーティーで感染が広がった可能性がある=WP
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала