世界のサル痘拡大リスクは中程度= WHO

© AP Photo / Anja Niedringhaus世界のサル痘拡大リスクは中程度= WHO
世界のサル痘拡大リスクは中程度= WHO - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
現在、世界でのサル痘の拡大のリスクを中程度だが、状況が悪化する可能性がある。世界保健機関(WHO)が発表した。
5月26日の時点で、WHOは、実験室で確認された257件とサル痘の疑いのある120例に関する情報を持っている。
感染症の症例は、主に同性愛者の男性の間で確認されているという。また、多くの症例の突然の出現と感染の広い地理的範囲は、人から人への感染がすでに起こっており、ウイルスが数週間以上検出されずに流行していた可能性を示している。
サル痘:症状、致命率と感染拡大 - Sputnik 日本, 1920, 26.05.2022
サル痘:症状、致命率と感染拡大
また、WHOは「ウイルスが人間の病原体としての地位を確立し、幼児や免疫不全疾患者などの重篤な病気のリスクが高いグループに広がる場合」サル痘に関連する健康システム全体のリスクが高くなる可能性があると指摘している。
これより前、ポルトガルではサル痘の感染者が増加し、49人となったと報じられていた。
関連ニュース
サル痘、欧州のセックスパーティーで感染が広がった可能性がある=WP
アフガニスタン サル痘の可能性のある症例2件を初めて確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала