肌に黒い斑点 珍しい血液ガンに罹患の印

© Depositphotos / Diego Cervo肌に黒い斑点 珍しい血液ガンに罹患の印
肌に黒い斑点 珍しい血液ガンに罹患の印 - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
若い女性が手足に黒い斑点を見つけ、珍しい血液ガンと診断された。検査の結果、急性リンパ芽球性白血病であることがわかった。デイリーメ-ルが報じた。
米アイオワ州メディアポリスに住むヘレナ・ヒリアードさん(20)は、数週間前から始まった深い疲労は睡眠障害のせいだと思っていた。2021年11月、ヘレナさんは自分の皮膚に奇妙な小さな斑点があることに気づいたが、特に気に留めなかった。バスケットボールに熱中していた少女はこれはスポーツ傷害と決めつけていたものの、姉から説得され、検査を受けた
検査の結果、ヘレナさんは血液のがんである急性リンパ芽球性白血病(ALL)と診断された。 このガンにかかると患者の約3分の1が死亡する。
ヘレナさんは治療のためアイオワ州に戻り、これから5回の化学療法を含む2年半の治療を受ける。
関連ニュース
欧州の成人の半分以上が過体重:WHOが警鐘
研究者が解明 喫煙者を肺がんの発症から保護するメカニズム
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала