バイデン米大統領夫妻、銃撃事件が発生したテキサス州の小学校を弔問

© AFP 2022 / Stefani Reynolds事件を受け会見に臨むバイデン氏(24日)
事件を受け会見に臨むバイデン氏(24日) - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
ジョー・バイデン米大統領とジル夫人は29日、24日に発生した銃乱射事件により21人が犠牲となったテキサス州ユバルディの小学校を弔問した。ホワイトハウスの記者クラブが伝えた。
ホワイトハウス記者クラブの情報によると、バイデン夫妻は複数の米政府高官とともにユバルディを訪れた。バイデン夫妻は、小学校の敷地内に設立された記念碑に花を手向け、小学校の教員や地元自治体の代表らと面会を行った。
また、バイデン氏らは遺族や地元の救急隊員らとも面会した。
24日、テキサス州ユバルディに住む容疑者の男(18)が小学校で発砲。男は警察により射殺された。男は、18歳になってまもない22日にライフル2丁を購入したことが明らかとなっている。テキサス州知事は、この事件により、児童19人と教員2人が死亡し、17人が負傷したと発表した。
今回の小学校での銃撃事件は、米国において過去10年間で最も残虐な事件となったとされている。
バイデン氏は、コネチカット州サンディフック小学校銃乱射事件(2012年)が発生したオバマ政権での副大統領時代を含め、この問題の解決を繰り返し約束してきた。米国における銃規制強化の支持者の多くは、この問題がバイデン氏の選挙政策の中心であり、他の大統領候補と区別されていたことを考えると、この分野における大統領の功績に失望を隠せないようだ。
関連ニュース
ウクライナ支援金があるのなら、米国の子どもたちを守るべき=トランプ氏
21人が犠牲になった米テキサス州での銃乱射事件を受けバイデン氏が銃ロビー団体に挑戦状を突きつける
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала