スパコン「富岳」、計算速度の世界ランクで2位 米「フロンティア」に首位譲る

CC BY-SA 4.0 / Raysonho / FugakuSupercomputerSC19 (cropped image)スパコン「富岳」、世界ランクで2位に 米「フロンティア」に首位譲る
スパコン「富岳」、世界ランクで2位に 米「フロンティア」に首位譲る - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
日本の富士通のスーパーコンピューター「富岳」が、30日に発表された計算速度ランキング「TOP500」で2位につけた。「富岳」は2年連続で首位に立っていたが、今回は米オークリッジ国立研究所の「フロンティア」にその座を譲る結果となった。日本のメディアが報じた。
「富岳」の計算速度は昨年度同様、1秒間に44.2京回。対して首位の「フロンティア」は約2.5倍の110.2京回を記録し、「エクサ(100京)スケール」を実現した。
Сотрудники Facebook на фоне нового логотипа компании у ее штаб-квартиры в Менло-Парке, Калифорния - Sputnik 日本, 1920, 25.01.2022
IT・科学
メタ社が世界最速のAI搭載スパコンを開発
富岳はこれまで、計算速度(TOP500)を含む4部門で4期連続首位だったが、今回は2部門で2位につける結果となった。なお、産業利用など計算処理速度を測るランキング「HPCG」、ビッグデータ解析の性能を競う「Graph500」の2部門では、それぞれ5期連続で首位を維持した。
関連記事
スパコン「富岳」、オミクロン株の感染リスクを分析 マスクしても高リスク
研究者が円周率の計算で新しい記録を樹立
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала