日本 防衛費増額すべき 賛成56%=日経新聞世論調査

© AFP 2022 / Tomohiro Ohsumi/POOL自衛隊
自衛隊 - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
日本経済新聞が日本で27~29日に実施した世論調査では、調査対象の過半数に上る56%が、防衛費の国内総生産(GDP)に占める割合を現在の1%程度から2%以上に増額すべきだという意見に賛成していることが示された。
日経新聞によると、世論調査では、防衛費のGDPに占める割合を現在の1%程度から2%以上に増額すべきだという意見について、56%が「賛成」、31%が「反対」と回答した。
日本の自民党は4月末、日本の防衛力の抜本的強化を日本政府に求める提言を岸田首相と岸防衛相に申し入れた。提言では、弾道ミサイル攻撃を含む日本への武力攻撃に対する「反撃能力」の保有を日本政府に求めており、防衛費については、NATO(北大西洋条約機構)諸国がGDP(国内総生産)比2%以上を目標にしていることを念頭に、「5年以内に必要な予算水準の達成を目指す」としている。
また、中国による台湾有事に日本がどう備えるべきかという質問では、50%が「今の法律の範囲で可能な備えをすべきだ」と答え、41%が「法改正も含めて対応力を高めるべきだ」と回答、「備える必要はない」はわずか4%だった。
関連ニュース
日本 22年度補正予算、31日成立へ 首相、積極財政に理解要請
日本 自民・茂木幹事長 防衛費増額や「反撃能力」保有を参院選公約に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала