NATOで3つの論争が勃発 トルコをめぐり

CC0 / Pixabay / NATOで3つの論争が勃発 トルコをめぐり
NATOで3つの論争が勃発 トルコをめぐり - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
トルコ政府による最近の3つの決定は、北大西洋条約機構(NATO)の利益に反しており、パートナーとの対立を引き起こしている。ドイツのディ・ヴェルトの評論家カロリーナ・ドルテン氏が述べた。
ドルテン氏は、NATOで3つの論争を引き起こしたトルコの外交政策決定を挙げている。トルコは、スウェーデンとフィンランドがまだ満たす準備ができていない条件を課し、各国のNATO加盟を阻止した。米国はこの立場に不満を持っていたが、再びトルコに反対する可能性は低いという。
また、西側はトルコのエルドアン大統領がシリア北部でクルド軍に対して軍事作戦を開始するという決定に否定的な反応を示した。ドイツはトルコの行動が国際法に反していると非難した。一方、トルコはその安全とシリア難民の故郷への帰還を確保するために軍事作戦が必要であると主張している。
トルコ軍 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2022
トルコ軍の対テロ作戦は他国の主権を侵害しない=土安全保障会議
ドルテン氏は「いずれにせよ、シリア北部での別の大規模な作戦は、トルコとそのNATO加盟国との間の緊張をエスカレートさせる可能性がある」と結論付けた。
関連ニュース
トルコの同意抜きにNATOの拡大は不可能=トルコ大統領補佐官
NATOはトルコに脅威、同盟の拡大は危険=トルコ野党事務局長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала