インド、艦上戦闘機を米国またはフランスから購入の可能性

インド旗 - Sputnik 日本, 1920, 31.05.2022
インド紙ヒンドゥスタン・タイムズは30日、消息筋の話として、インドは同国の新空母ヴィクラント用の艦上戦闘機26機を米国またはフランスから購入する可能性があると報じた。
インド西部ゴア州の沿岸部にある演習場で今年1月、フランスのダッソーが開発した戦闘機ラファール・マリンの飛行試験が実施された。
同演習場では現在、米国のボーイング社の戦闘機F-18スーパーホーネットの飛行試験が行われており、6月15日までに終了する見込み。これらの結果に基づいて、どちらかの戦闘機が選ばれる。空母ヴィクラントには艦上戦闘機26機が配備される計画で、そのうち8機は訓練・戦闘機。
現在、ヴィクラントは試験航行を行っており、今年8月15日に就役する見込み。
関連ニュース
インドは世界的な半導体生産地の1つになることを目指す=インド首相
日米豪印4カ国の枠組み「クアッド」 東京での首脳会合の総括
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала