新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

2型糖尿病が乳がんのリスクを高める=研究結果

© Fotolia / Dragos Iliescu少女は手で胸をおさえる
少女は手で胸をおさえる - Sputnik 日本, 1920, 31.05.2022
米国の分子生物学者らは、2型糖尿病の女性には、他の女性よりも乳がんが発症しやすいというメカニズムを発見した。研究結果が学術誌『NatureCellBiology』に掲載された。30日、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のプレスサービスが研究結果を発表した。
研究者らは、乳がんを発症するリスクは、他の疾患を患う女性よりも糖尿病の女性の方が20〜27%高いと指摘する。しかし、糖尿病の発症は、がんと診断された2年後から増え始め、10年後には20%もリスクが高まると言われている。世界保健機関(WHO)のデータによると、毎年230万人の女性が乳がんと診断され、68万5000人が亡くなっている。
膵臓がんを引き起こす5つの要因 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
IT・科学
膵臓がんを引き起こす5つの要因
UCSDのエミリー・ウォン教授は、「私たちは、がん細胞が正常な膵臓の機能を阻害し、インスリンの分泌を低下させることを示すメカニズムを解明した。これが、乳がんの女性の血液中のブドウ糖濃度が、健康な人と比べて著しく高くなるという状況を作り出す」と強調した。同教授のこの発言を大学のプレスサービスが紹介した。
研究者らは、体内の糖レベルを正常化することで、がん細胞を抑制できると予想する。彼らは、インスリン注射と糖尿病薬が腫瘍の成長を遅らせ、実験用マウスの心身の感覚を改善することを発見した。
関連ニュース
肌に黒い斑点 珍しい血液ガンに罹患の印
研究者が解明 喫煙者を肺がんの発症から保護するメカニズム
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала