日本は、中露北3正面に備えを=自民党・佐藤正久外交部会長

日本の自民党・佐藤正久外交部会長 - Sputnik 日本, 1920, 31.05.2022
日本の自民党・佐藤正久外交部会長は31日、自身のブログで「日本は、中国、ロシア、北朝鮮の複合事態、3正面同時対処の想定をした備えを今からやらないといけない」と主張した。
佐藤氏はウクライナ情勢をめぐり「戦争はいつ起きてもおかしくないということを学んだ」とし、「国破れて山河ありではだめで、国破れて憲法9条だけが残っても意味がない」と指摘、時代に即した憲法や法律、政策、防衛力を整備し、強い外交力を持つことの重要性を強調した。
米国が国連安全保障理事会に提出した北朝鮮への制裁強化案に常任理事国のロシアと中国が拒否権を行使し、26日に否決されたのを受け、「残念ながら、国連安保理はウクライナ問題でも北朝鮮問題でも機能していないということがまた明らかとなった」とし、中国はロシアと爆撃機による共同パトロールを日本周辺で行い、尖閣諸島などへの挑発行為も繰り返していると指摘した。
国連安保理 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2022
米国が国連安保理に北朝鮮への制裁強化案を提出、露中が拒否権行使
その上で、佐藤氏は次のように主張した。
「日本は、中国、ロシア、北朝鮮の複合事態、3正面同時対処の想定をした備えを今からやらないといけない。国破れて山河ありとしないためにも、今日のウクライナを明日の日本にしないためにも。備えは一朝一夕ではできない」
関連ニュース
バイデン大統領の台湾防衛発言 「最高の失言」=自民党の佐藤正久氏
日本 自民・茂木幹事長 防衛費増額や「反撃能力」保有を参院選公約に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала