ロシア産穀物と肥料の輸入拡大に向けて米国が企業を奨励=米国連大使

© Sputnik / Artem Kreminskyロシア産穀物と肥料の輸入拡大に向けて米国が協力=米国連大使
ロシア産穀物と肥料の輸入拡大に向けて米国が協力=米国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
米国はロシアから穀物と肥料を輸入することで政府からの罰則を懸念している民間企業に連絡し、積極的に輸入を拡大するよう奨励する。リンダ・トマスグリーンフィールド米国連大使が記者会見で表明した。
国連大使はUNCTAD(国連貿易開発会議)の事務局長をロシアに派遣するほか、米国内ではロシア産穀物と肥料の輸入を控えている民間企業に対し、奨励を予定してる。ロシア産の穀物と肥料は制裁対象に入っていないものの、一部の企業はロシアとの取引により罰則を受けることを恐れているという。
その上で、政府は企業を奨励するほか、保険会社にはロシア産穀物の輸入に協力するよう求める考え。
関連ニュース
日本の肥料価格高騰、最大約2倍 食卓に影響も=JA全農
世界の食料問題 「わが国としての貢献のあり方を考えていきたい」=岸田首相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала