ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア、ウクライナの化学兵器による挑発で国際機関に警告

© AP Photo / Efrem Lukatskyウクライナ軍(アーカイブ写真)
ウクライナ軍(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
ロシアは、ドンバス地方での化学兵器使用というウクライナ軍の挑発行為について、化学兵器禁止機関(OPCW)に報告を行った。1日、同機関のロシア常駐代表であるアレクサンドル・シュルギン氏が表明した。
シュルギン氏は、化学物質による挑発行為が行われたとされる場所や、ウクライナの民族主義者がどのように偽旗作戦でそのような挑発行為を行うかを詳細に記した計12枚の口上書が送られたと強調した。
同氏によると、OPCWの技術事務局は、ウクライナ軍による化学兵器による挑発の可能性について、ロシア側から受け取った情報を注意深く調査しており、適切な対応を準備しているという。
クラスター弾 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ 国際法で禁止の兵器が人を殺し続けている
シュルギン氏は、「私たちは、すべての参加国に私たちの訴えを直ちに伝えることを求めている。書面を送るだけでなく、並行して電話でも訴えている」
シュルギン氏は、ロシア側はこうした行動を積極的に取り組んでいると述べ、「この口上書により、ウクライナの民族主義者は、こうした行動を取るべきか考えるだろう」と強調した。
関連記事
ウクライナでは米国の管理下で生物兵器成分がつくられていた=プーチン大統領
ウクライナへの化学兵器対応の防護マスクやドローン提供の目的について日本は説明すべき=露下院副議長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала