ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国がウクライナに供与する多連装ロケット砲の射程は80km、ロシア領は攻撃対象とせず=ホワイトハウス

© AP Photo / The News Tribune/Peter Haley多連装ロケット砲ハイマース
多連装ロケット砲ハイマース - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
米国がウクライナに実施する第11弾の軍事パッケージには、多連装ロケット砲ハイマースが含まれる。ただし、その射程距離は最大80キロに設定されており、ロシア領に到達する可能性はない。米政府高官が表明した。
ホワイトハウスの高官によると、米国政府が新たに発表する第11弾の軍事支援には多連装ロケット砲も含まれるものの、その射程範囲は80キロだという。そのためウクライナ領外の標的は攻撃できないほか、ウクライナ側もロシア領は攻撃目標にしないと約束しているとのこと。
米国のジョー・バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 31.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
バイデン氏「ウクライナに露攻撃可能なミサイル供給せず」
第11弾の軍事パッケージは総額7億ドル、このパッケージにはハイマースに加え、ヘリ、自動車、対戦車兵器ジャベリンも含まれる。ホワイトハウスはこれにより交渉のテーブルでウクライナ側の立場を強化するとしている。また、ロシア側との交渉で領土を譲歩するようウクライナに強いることは無いとしている。
関連ニュース
モルドバ大統領、西側諸国から軍事支援を受ける意向を表明
ゼレンスキー氏、トルコ大統領にプーチン氏との会談願望を表明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала