イーロン・マスク氏 リモートワーク続行のテスラ社員に「解雇もありうる」と警告

© AP Photo / Susan Walshテスラの創業者イーロン・マスク氏
テスラの創業者イーロン・マスク氏 - Sputnik 日本, 1920, 02.06.2022
テスラの創業者イーロン・マスク氏は社員向けのメールでリモートワークの終焉を告げ、オフィスに復帰しなければ解雇の恐れもあると明言した。ブルームバーグが、マスク氏の社員向けのメールを引用して報じた。
ブルームバーグが引用したマスク氏が出したメールのタイトルは「リモートワークはもう受け付けない」。「リモートで働きたい人は、最低でも(つまり最低限度という意味)週40時間はオフィスにいるか、テスラを退職せねばならない。これは、テスラ工場の勤務者に要求されている時間よりも短い」
ブルームバーグは、マスク氏はこのメールが実際自分の書いたものかどうかについては直接言及しなかったものの、自身のツイッター上であるフォロワーから「出勤するのは時代遅れの概念だと思っている人たちに対して一言」と乞われると、「そういう人たちは別の場所で働いているふりをすべき』」と返答している。
関連ニュース
マスク氏がツイッター買収の宣言後、失った資産額をブルームバーグが計算
ツイッター買収のイーロン・マスク氏が警告 職業倫理基準は引き上げる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала