ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

NATOはロシアとの交渉条件をウクライナに指定しない

© AP Photo / Rahmat GulNATOはロシアとの交渉条件をウクライナに指定しない
NATOはロシアとの交渉条件をウクライナに指定しない - Sputnik 日本, 1920, 03.06.2022
NATO(北大西洋条約機構)はロシアとの交渉条件をウクライナ側に指定する予定はない。米国を訪問したNATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長がジョー・バイデン大統領との会談後に表明した。
ストルテンベルグ事務総長はウクライナ指導部を信じ、ウクライナ側がこの困難な決定を下すことに期待するとした。また、ウクライナが受け入れる条件についてNATOは決定的判断を下すべきではないと指摘し、自衛権の行使に協力する姿勢を強調した。
英国、ウクライナ向け多連装ロケット砲の再輸出を米国と調整=ポリティコ紙 - Sputnik 日本, 1920, 02.06.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
英国、ウクライナ向け多連装ロケット砲の再輸出を米国と調整=ポリティコ紙
事務総長によると、衝突は常に交渉のテーブルで終了するものの、交渉のテーブルで起こることは戦況に大きく影響を受けるという。
そのうえで、この衝突で可能な限りの結果を達成するよう、ウクライナ側を支援する姿勢を表明した。
関連ニュース
米国がウクライナに供与する多連装ロケット砲の射程は80km、ロシア領は攻撃対象とせず=ホワイトハウス
インターポール事務総長、ウクライナに供給される武器が世界に拡散する危険性を指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала