日本のロシア木材禁輸はロシアの対日制裁と同内容=ロシア専門家

© Sputnik / Alexandr Kryazhev / フォトバンクに移行木材産業の原材料保管庫
木材産業の原材料保管庫 - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
日本がロシアの輸入木材に対して発動した制裁はその発動の数週間前にロシア側が日本に対して採択した非友好国リスト入りを含めた複数の措置と完全に一致している。日本市場向けロシア製木材の大手サプライヤーのZvezda Japan Internationalのオリガ・ゴロヴィナ社長はリアノーボスチ通信からの取材にこう指摘した。Zvezda Japan International社は日本市場におけるロシアの加工木材供給の28-30%をカバーしている。
ゴロヴィナ社長は、日本が発動した禁輸の対象品目はべニア、チップ、丸太の3種類の製品であるものの、この品目についてはロシアは日本よりも前に禁輸を発動しており、唯一異なる点はロシアが禁輸期限を2022年末としているのに対し、日本は無期限としている点だと指摘している。
LNG事業 - Sputnik 日本, 1920, 22.05.2022
対露制裁を強める日本にとって、エネルギー分野は例外となるのか?
ゴロヴィナ社長は、日本の大企業であれば、他国の生産者への切り替えもできるだろうが、従業員30〜40人ほどの小規模でロシアの木材しか扱っていない生産者、工場、製材所は大きな痛手を被ると説明している。

「今、日本はロシア産の木材への依存度を下げるための施策を始めている。私たちにとってはこれは残念なことだ。日本政府はロシア材の代替として日本の杉材を使用しようとする企業には補助金の導入を計画している。日本でロシアの木材が非常に高く評価されていることを私は常に誇らしく思ってきた。予算の限られたエコノミークラスの住宅でも、日本は多少でもロシアの木材を使おうとしている。高級住宅では、シベリア産の松材は必須だ」

ゴロヴィナ社長はまた、品質面でもロシア産の木材を日本の木材に完全に置き換えることは難しいと考えている。

「一般に日本ではどんな家でもある程度はシベリアの松材が使われている。シベリアの松は山間部に生育する日本の杉と違って、湿度に影響されず、でこぼこがなく、最も耐久性が高いからだ。これがロシア産の木材が非常に高く評価されている理由であり、米国、カナダ、その他の木材に劣ることは決してない。これは私たちの誇りだ」

関連記事
対応分かれるロシアの日系自動車関連ビジネス 横浜ゴムは事業再開、日本郵船は撤退へ
困難に直面の日本経済に原子力セクターは助けとなるか ロシア人専門家の見解
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала