新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

音声でうつ病を検出するアルゴリズム 米国で開発

人工知能 - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
米国のスタートアップ企業「キンツギ」は、音声でうつ病を検出するアルゴリズムを開発した。同社の創業者らは、自らがうつ病を患った際に必要な助けを得ることが困難だったことから、医師が音声によって神経系疾患を特定するのに役立つアルゴリズムを開発することにしたという。米技術系メディア「テッククランチ」が報じている。
開発者はアルゴリズムの作成にあたり、米国の研究者らが2015年に行った研究を参考にした。その研究によると、うつ病の人の声は低く、平坦で柔らかく、話の途中に間ができることが多いことが分かった。
このように、思考や筋肉の動きが鈍くなることを精神運動遅滞という。開発者らは、このアルゴリズムは国籍に関係なく使えると断言している。
スマホを見ている女性 - Sputnik 日本, 1920, 14.03.2022
IT・科学
SNSに毎日写真を投稿する行為がうつ病発症リスクを2倍に 研究で明らかに
開発者らは、何万人ものうつ病患者の声を使ってアルゴリズムの開発を行った。これらの声は、自分の気持ちを音声で日記にすることができる、同社と同じ名称のアプリ「キンツギ」を使って収集した。開発者によれば、このアルゴリズムは、精神科医のチームに匹敵するものだという。このアルゴリズムはその鋭敏性により、うつ病の有無だけでなく、その程度まで判断することができる。
スプートニクは以前、うつ病を克服できる物質を分泌する木が発見されたと報じている。
関連記事
適度な飲酒でも脳は縮小 米ペンシルバニア大学の研究
コロナの感染拡大で不安、うつの症例が25%増加
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала