新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

日本の研究者、世界最速のCO2収集システムを開発

© AFP 2022 / LIONEL BONAVENTURE 地球温暖化
地球温暖化 - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
日本の東京都立大学の研究者らが、99%の確率で二酸化炭素を収集する液体アミンベースのハイブリッドシステムを開発した。この研究をまとめた論文が「ユーレックアラート!」に投稿されている。
研究者らは、地球温暖化の主な問題は、地球の大気中の二酸化炭素の蓄積にあると指摘する。排出量の削減は問題解決に役立つが、効果はわずかでしかない。大気中から二酸化炭素を抽出するという問題は非常に緊迫している。
この問題で、東京都立大学の山添誠司教授が率いるグループは、液体アミン化合物に注目した。
同グループは、これらの化合物の1つであるイソホロンジアミン(IPDA)の水溶液が、空気中の二酸化炭素の99%をカルバミン酸の固体沈殿物に変換できることを発見した。
ドイツ旗 - Sputnik 日本, 1920, 29.05.2022
「グリーン」政策の終焉? ガス不足で独が石炭の火力発電を再稼働へ
このプロセスは、今日の最新テクノロジーの2倍の速さで行われた。
新しいテクノロジーは有望に見えるが、今回もスケーラビリティの問題が生じている。人類は年間約30トンのCO2を大気中に放出しており、炭素の除去・貯蔵が可能な最大規模の工場は年間400トンのCO2を処理している。
関連記事
日本、2050年カーボンニュートラル実現の費用は24兆円 経済産業省が試算
日本 2020年の温室効果ガス排出量が1990年以来、最低水準に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала