専門家が中米関係に仕掛けられた「爆弾」について語る

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行専門家が中米関係に仕掛けられた「爆弾」について語る
専門家が中米関係に仕掛けられた「爆弾」について語る - Sputnik 日本, 1920, 05.06.2022
中国と米国は多くの分野で競争しているという事実にもかかわらず、それらの相互依存は非常に強い。そのため両国は必ず深刻な紛争を回避するだろう。さもなければ、「爆弾」が爆発し、両国に重大な結果をもたらす。ロシア人民友好大学の世界経済ビジネス研究所の准教授であるウラジミール・グリゴリエフが語った。
グリゴリエフ氏によると、中国は日本に次ぐ米国政府債務の重要な投資家である。2022年第1四半期末現在、中国は外国人投資家が所有する米国財務省債の合計の13.65%を保有している。
一方、米国は中国にとって最大の販売市場である。お互いに危害を加えることによって、両国は必然的に自国の経済への悪影響を与える。
「中国は米国政府債務の市場を崩壊させることができるが、そうすることで、中国自体が重大な財政的損失を被ることになるだろう」
モルグロフ次官 - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
米国はASEANの分裂に期待できない
グリゴリエフ氏によると、中国は米国が大幅に弱体化した場合にのみ米国に挑戦できるが、米国人は依然として「忍び寄るモード」でのみ、突然の動きなしに中国の弱体化を引き起こそうとしている。
これより前、米国務省は、省の公式サイト上の米国と台湾との関係に関する要覧ページを更新し、以前に表示していた「米国は台湾の独立を支持しない」の文言に戻した。
関連ニュース
「サラミ・スライス」戦術は米国覇権の危険な「ごちそう」か?
中国外務省、米国にとって不便な真実を明らかにした ウクライナへの軍事支援をめぐり
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала