ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米、穀物の輸出と引き換えに対露制裁緩めることない=メディア

© Fotolia / KLimAx Fotoロシア、米国
ロシア、米国 - Sputnik 日本, 1920, 06.06.2022
政治専門誌「ポリティコ」が、匿名の米議員からの情報として伝えるところによれば、米国は、ウクライナ産の穀物の世界市場への供給が再開されるのと引き換えに、ロシアへの制裁を緩和しない考えである。
「ポリティコ」の記事によれば、米政府は、現在ロシア、国連、トルコが主導している協議の状況を注視しているが、その展望については懐疑的な見方をしている。
記事では、「ある米国議員は、米国はロシアの提案を『強制外交』であると見なしており、こうした取引に応じるつもりはなく、ロシア政府に対する経済的圧力を解除することはない」と記されている。また、匿名の国連職員の言葉を引用し、穀物の輸出と制裁解除を関連づけることは、それでなくても「脆弱な」協議プロセスをさらに「複雑化する」ことになるとも指摘している。
米国と同盟国は、ウクライナの黒海沿岸部を封鎖し、世界市場への供給を妨害しているとしてロシアを非難している。
世界の穀物価格が下落=伊農業協会 - Sputnik 日本, 1920, 05.06.2022
世界の穀物価格が下落=伊農業協会
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は3日「ロシア24」テレビの放送、ウクライナからの穀物輸出に問題はなく、ロシアはそれを妨害していないと表明した。プーチン大統領は、ウクライナが港から機雷を撤去すれば、穀物を積んだ船舶は問題なく出港できると主張した。プーチン大統領は、ウクライナが陸路で穀物を輸送する場合、ベラルーシ経由が最もコストパフォーマンスが高いと指摘。ただし、そのためには西側がベラルーシに発動している制裁の解除が必要となる。
また、先週、イタリアのマリオ・ドラギ首相と電話会談を実施したプーチン大統領は、ロシアは、西側からの政治的動機による制限の解除を条件に、穀物と肥料の輸出によって食糧危機を克服するため、多大な貢献を行う用意があると表明した。またプーチン大統領は、食料分野における状況は、米国とEU(欧州連合)による対露制裁によって深刻化したと強調した。
関連ニュース
ロシア産穀物と肥料の輸入拡大に向けて米国が企業を奨励=米国連大使
西側が小麦不足はロシアに責任があるという噂を広めるのは政治的挑発=環球時報
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала