サウジ石油最大手、アジア向け大幅値上げ $2.1/バレル増  

© AP Photo / Charlie Riedel石油
石油 - Sputnik 日本, 1920, 06.06.2022
サウジアラビア国営石油最大手の「サウジアラムコ」は、7月のアジア市場向け石油価格を1バレル(約159リットル)あたり2.1ドル(約274円相当)値上げすることを決定した。値上げ幅は最大でも1.5ドル(約196円相当)とした市場の予測を上回るもので、取引業者の間では困惑が広まっている。ロイター通信が伝えている。
サウジアラムコは石油の需給バランスの崩壊が値上げの理由としている。また、地中海地域や北ヨーロッパ向けも1バレルあたり2ドル~2.2ドルの値上げとなった。米国向けは据え置きとなった。
日経新聞によると、石油価格のアジア市場の指標となる「ドバイ原油」の6日の現物価格は、1バレル当たり115.5ドル(約15000円相当)で推移していた。
WTI原油価格が1バレル120ドル超え、コロナ規制解除で需要が供給大幅に上回る - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
WTI原油価格が1バレル120ドル超え、コロナ規制解除で需要が供給大幅に上回る
石油輸出国機構(OPEC)加盟国やロシアなど非加盟の産油国で構成する「OPECプラス」は2日、日量64万8000バレルの石油増産を決定していた。
関連ニュース
日本政府、UAEに石油増産要請
ロシア、エネルギー分野で日本と協力の用意=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала