万病から身を守る7つのルール

© AP Photo / Petros Giannakouris万病から身を守る7つのルール
万病から身を守る7つのルール - Sputnik 日本, 1920, 06.06.2022
米国心臓協会の研究者たちは、その人が健康的なライフスタイルを送っているかどうかを見分けるための7つの具体的な判定指標を定めた。この基準は「Life's Simple 7」と名付けられた。
米国の心臓専門医によると、これらのルールに従うことで、心血管系および神経系の疾患のリスクを最小限に抑えることができる。
研究者らは、健康的な生活のルールとは、運動や健康的な食事、最適な体重、禁煙、標準的な血圧の維持、コレステロールと血糖値のコントロールだと定義する。専門家によると、「Life's Simple 7」の5つ以上の理想的な指標を持つ人は、心血管系および神経系の疾患による死亡のリスクが78%低くなっている。

運動

研究者たちは、10分の運動を週3回行うことから始め、20分の運動を週5日分まで徐々に増やすことを推奨している。
運動は、早歩きやランニング、筋力トレーニングで補うことができる。血圧やコレステロール値を下げたい人は、より負荷のかかる運動、つまり40分の運動を週3〜4回行うことが望ましい。

体重管理と正しい食事

正しいボディマス指数の達成には、定期的な体重測定とカロリーバランスの計算が必要となる。体重を減らすには、食べるよりも多くのカロリーを消費し、食事の定量を少なくし、空腹を感じたときだけ食べるようにする必要がある。研究者らによれば、人間は1日平均2000キロカロリー以上の摂取を必要とする。
ソーセージパン - Sputnik 日本, 1920, 10.04.2022
ファストフード好きに警告 医師が50歳を過ぎたらやめるべき悪い習慣5つを紹介

禁煙

研究者たちは、禁煙後20分以内には脈拍と血圧が正常化し、12時間後に血中の一酸化炭素レベルが低下、2週間後に肺機能と血液循環が改善、1カ月後には呼吸器官が完全に回復、さらに1年後には急性心不全のリスクが半分に低下することを明らかにした。

糖質とコレステロール、血圧

食物の大部分は、エネルギー摂取に必要なブドウ糖に変えられる。ただし、血糖値には注意が必要で、過剰な蓄積が、血管や心臓、腎臓、目、神経などに悪影響を及ぼすおそれがある。
また、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中の発症リスクの大きな原因となるコレステロール値の管理も同様に重要。マーガリンやマヨネーズ、菓子類、燻製肉、半加工肉製品、赤肉、ハードチーズ、脂肪分の多い乳製品には、コレステロールが非常に多く含まれていることを覚えておく必要がある。
何よりもコレステロールは、ファーストフードやたくさんの植物油で調理された揚げ物に含まれている。
米国の心臓病専門医は、高血圧は心臓病や脳卒中の主要なリスク要因であるため、定期的に血圧を測定することを推奨している。上の血圧が140mmHg以上、または下の血圧が90mmHg以上の場合を高血圧と呼び、治療を速やかに開始する必要がある。
通信社スプートニクは以前、研究者が原生単細胞微生物「ブラストシスチス」を発見し、それが腸内で細菌の生態系を安定させ、炎症からの回復を早めると報じた。
関連ニュース
精神障害の治療にコーヒーを使用
研究者が指摘 グラス1杯のワインが健康な心臓を保つのに効果的というのは本当か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала