日本 マスク「できるだけ着けたくない」わずか9%=読売世論調査

© AP Photo / Koji Sasahara日本
日本 - Sputnik 日本, 1920, 06.06.2022
読売新聞が6月3~5日に日本全国で実施した世論調査によると、新型コロナウイルス対策のマスクについて、「できるだけ着けたくない」と回答したのは、わずか9%だった。
読売新聞によると、世論調査では新型コロナウイルス対策のマスクについて、回答者の41%が「できるだけ着けたい」と答え、49%が「必要なときだけ着けたい」と回答した。「できるだけ着けたくない」と答えたのは、わずか9%だったという。
日本の松野官房長官は5月11日、新型コロナウイルス対策のマスク着用について「人との距離が十分取れれば、屋外でマスクの着用は必ずしも必要ではない」との認識を示した。
上海市 - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
新型コロナウイルス
上海市 2カ月間のロックダウン解除 通常生活に復帰
日本政府は5月20日、マスク着用をめぐり、屋外では「人との距離(2メートル以上を目安)確保できる場合」や「距離が確保できなくても会話をほとんど行わない場合」はマスクを着用する必要はなく、屋内では「人との距離(2メートル以上を目安)が確保できて、かつ会話をほとんど行わない場合」はマスクを着用する必要はないとする新たな方針を発表した。
日本の岸田首相は5月27日の衆院予算委員会で、6月10日から行う外国人観光客の受け入れ再開に伴うマスク着用について、「日本におけるマスク着用のルールに従ってもらわなければならない」と述べた。
関連記事
マスク着用の緩和「適切」53% 内閣支持61%、共同通信調査
日本の岸田首相 マスク着用の規制緩和を否定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала