Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

妊娠時のコロナ感染、新生児の脳の発達阻害か=スペイン研究

© RUSSIAN POST赤ちゃん
赤ちゃん - Sputnik 日本, 1920, 07.06.2022
妊娠時に新型コロナウイルスに感染した場合、新生児の脳や神経系の発達に悪影響を与える可能性があることが明らかになった。スペインのマルケス・デ・ヴァリデチラ大学病院の研究チームが、国際精神医学会議「EPA」で発表した。科学情報サイト「IFLS」が伝えている。
「IFLS」などの報道によると、研究チームは妊娠中に母親がコロナに感染した生後6週間の21人の新生児を調査。母親がコロナに感染しなかった場合と比べて、抱きかかえられた時に体の緊張をほぐしたり、頭や肩を動かしたりするのが難しいということが明らかになった。この結果はコロナ感染が運動機能に影響を与えている可能性を示唆するものとなっている。
スーパー - Sputnik 日本, 1920, 24.05.2022
コロナ禍で肥え太り 他者の痛みで大儲けした世界の富裕者
研究チームは、どれほどの影響があるか結論付けるために今後さらに研究を進める必要があるとしている。今回調査の対象となった新生児は、4歳に達するまで言語能力や運動機能の発達具合の観察を続けられるという。
関連ニュース
ファイザー社とモデルナ社のワクチンが心筋炎発症に影響 米研究者
交通の騒音が子どもの精神的発達を遅らせるおそれ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала