日本政府 今夏の電力供給ひっ迫予想 省エネを訴え

© Sputnik / Stringer電力線(アーカイブ写真)
電力線(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 07.06.2022
7日、日本政府は関係閣僚会議を開催し、今夏の電力需給のひっ迫に備え、家庭や企業に可能な限り省エネ対策を行うよう呼び掛けた。NHKが報じた。
5年ぶりの開催となった関係閣僚会議では、今夏を10年に1度の酷暑と想定した場合、各電力管区での安全供給に必要となる予備率が3.1%となり、非常に厳しい見通しが示された。
サハリン - Sputnik 日本, 1920, 07.06.2022
日本「サハリン1、2プロジェクトはエネルギー安保上重要」=エネルギー白書
こうした状況をふまえ、日本政府は、家庭や企業に対し、可能な限り省エネ対策を講じることを呼びかけた。また、産業界や自治体に対しては、緊急時の連絡体制を確立するよう求めている。また、日本政府は、電力会社に対し、休止中の火力発電所の再稼働や液化天然ガスなどの燃料の追加調達などを促した。
この閣僚会議に岸田首相をはじめとする閣僚らは、暑さ対策として沖縄の夏場の正装「かりゆし」を着用し、出席した。6月最初の閣議には、クールビズのPRとして、かりゆしを着用することが慣例となっている。
関連ニュース
札幌地裁が泊原発の運転差し止めを命令
G7 2025年までに化石エネルギーへの補助金廃止で合意
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала