松野官房長官「ロシアの一方的な履行停止は遺憾」 南クリルの露日漁業協力停止

松野官房長官 - Sputnik 日本, 1920, 08.06.2022
ロシア外務省が7日、ロシア極東・南クリル諸島(日本側名称「北方領土」)における露日間の漁業協力を停止すると発表したことについて、松野官房長官は8日の記者会見で「ロシア側が一方的に協定の履行停止を発表したことは遺憾」と述べた。
松野官房長官は共同通信の記者の質問に答える形で、ロシア側が一方的に協定の履行停止を発表したことは「遺憾である」と述べた。
さらに日本側として次のように示した。
「引き続き協定のもとでの操業が行われるようロシア側と協議を行っていく考え」
これについてNHKは北海道漁業者の反応を伝えている。
今年1月から3月にかけての安全操業で、クナシル島(日本では「国後島」)周辺でスケソウダラの刺し網漁に参加した北海道羅臼町の漁業者は「もう少し詳しいことが分かれば言えることがあるかも。今は何も言えない」と戸惑いを隠せなかった。
日本とロシア - Sputnik 日本, 1920, 03.06.2022
露日、コンブ漁交渉が妥結 例年より遅れて解禁へ
タコ漁業者が所属する根室・落石漁業協会の庄林組合長は「今年は簡単に決まらないのではないかと思っていた。漁ができなければ水揚げの減少につながり漁業者も落胆すると思う。とにかく政府とロシアの交渉を見守るしかない」と話した。
また水産庁は「現在、外務省を通じて事実関係を確認中」としている。
関連ニュース
日本「サハリン1、2プロジェクトはエネルギー安保上重要」=エネルギー白書
日本 ロシアとベラルーシの3銀行に制裁発動、一部商品の輸出禁止=外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала