米グーグル、顔認識機能のせいで130億円賠償支払い

© 写真 : PixabayGoogle
Google  - Sputnik 日本, 1920, 08.06.2022
米イリノイ州の裁判所でこのごろ、情報通信大手グーグル社が提供するスマートフォンアプリ「Googleフォト」の利用者が起こした集団訴訟の調停が行われ、同社が原告側に計約1億米ドル(133億円相当)の損害賠償を支払うことで和解した。米テクノロジー情報サイト「The Verge」が伝えている。
「The Verge」によると、米イリノイ州の裁判所は「Googleフォト」の自動で顔を検出できる機能は、利用者の許可なしに生体データの採集と保存を禁止する同州の法律に反すると判断した。
アンバー・ハード氏 - Sputnik 日本, 1920, 02.06.2022
有罪判決のアンバー・ハード氏、ジョニー・デップ氏への名誉毀損の判決でコメント
調停の結果、グーグル側は1億ドルの損害賠償の支払いに同意し、今後は顔認識機能について利用者に通知することが義務付けられた。原告1人当たりの損害賠償は200~400ドル(26500~53000円相当)になる見込み。
関連ニュース
Apple PayとGoogle Payは、支出をさらに増やす原因になっている
Windows更新プログラムにランサムウェア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала