日本 うどんの聖地・香川 小麦粉高騰で値上げに悲鳴=NHK

© Wikipedia / sekido釜揚げの讃岐うどん
釜揚げの讃岐うどん - Sputnik 日本, 1920, 08.06.2022
世界的な小麦価格の上昇を背景に、うどんの聖地として知られる日本の香川県の「本場さぬきうどん協同組合」の加盟店のほとんどが値上げに踏み切ったことが分かった。NHKが同組合への取材をもとに伝えている。
NHKの報道によると、同組合には香川県内のうどん店など53事業者が加盟。そのうち、ほとんどの事業者が今年1月から大手スーパーで販売する生麵を約1割値上げし、2月から5月にかけては店で提供するうどんのメニューを7~20円値上げしたという。
原因としては2021年12月に国内の製粉メーカーが小麦粉を大幅に値上げしたことや、ウクライナ情勢の悪化を背景に世界の小麦輸出の3割弱を占めるロシア・ウクライナ両国からの供給が停滞し、小麦の需給バランスが崩れたことなどが考えられる。
マル - Sputnik 日本, 1920, 07.06.2022
モスクワの丸亀、新ブランド「マル」に改名
製粉メーカーは今後の値上げをすでに発表しており、一部のうどん店では今年2回目の値上げも検討せざるをえないという。ある事業者は「企業努力でどうこうできるレベルではなくなった」と指摘している。
このニュースにツイッター上では「値上がりばかりでもう無理!」「うどん屋さんが心配」と困惑の声が挙がる一方、「20円X30日=600円です、大丈夫毎日食べます」などと値上げを甘んじて受け入れる意見もみられた。
関連ニュース
国際的な肥料供給危機に直面する世界
米、穀物の輸出と引き換えに対露制裁緩めることない=メディア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала