IOC会長が各国際連盟に呼び掛け 政府の圧力で特定の国の選手の参加を退けるな

© Sputnik / Alexey Vitvitsky / フォトバンクに移行国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長
国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長 - Sputnik 日本, 1920, 09.06.2022
国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長はローザンヌで開催の夏季オリンピック国際競技連盟連合の総会で演説した中で、各国際連盟に対し、政府の圧力を受けて、ある特定の国の選手の国際大会への参加を妨げないよう呼びかけた。
「各国政府には、私たちの役割を尊重してもらう必要がある。降参したら元も子もない。もし、政府が政治的利害によって、参加させる人、させない人を決めるのであれば、公正な国際大会をいかにして保証することができるのか。そんなことを許せば、今日のロシアとベラルーシが明日はあなたの国になる。他のどの政府も愛してやまないような国は世界に存在しない」バッハIOC会長のこのスピーチはYouTubeの夏季オリンピック国際競技連盟連合のチャンネルで配信された。
ロシア選手 - Sputnik 日本, 1920, 07.04.2022
世界オリンピアン協会がロシアおよびベラルーシ選手を国際大会から排除するIOCの決定に不支持を表明
バッハ会長は一例として、英国政府の圧力を受けてロシアとベラルーシの選手らの参加を除外したウインブルドンテニス協会の組織を挙げた。
関連ニュース
「これは差別であり、アスリートの権利の重大な直接侵害」 プルシェンコ、ISUのロシア除外について語る
バッハ会長 「IOCとロシア政府の関係は大きく損なわれた」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала