秋までに米石油価格が1バレル150ドルに上昇=フォーリン・ポリシー

© AP Photo / David J. Phillip秋までに米石油価格が1バレル150ドルに上昇=フォーリン・ポリシー
秋までに米石油価格が1バレル150ドルに上昇=フォーリン・ポリシー - Sputnik 日本, 1920, 10.06.2022
米国の石油価格は初秋までに150ドルに達する見込みである。フォーリン・ポリシー誌のコラムニスト、グレゴリー・ブリュー氏が予測した。
ブリュー氏によると、燃料が2008年以来の高値になり、規制措置にもかかわらず、米政権は価格の記録的な高騰を避けることができない。
同氏は価格上昇の理由として、石油製品の消費量が高いことを挙げている。暖かい季節に休暇や日帰り旅行をする人が増えるにつれ、石油製品の消費量が増加しているという。
石油価格が上昇する二つ目の理由は、コロナウイルスのパンデミック期に低下した需要から石油精製産業が回復していない点にある。その精製能力は2年間の制限により、以前として低下したままである。
さらに三つ目の理由は、追加需要を生み出す貯蔵の石油の高い消費率である。ブリュー氏は次のように指摘している。
「この秋、準備金が補充され、市場が追加需要を獲得するにつれて、価格に上昇圧力がかかるだろう」
そして石油製品の価格上昇に影響を与えるもう一つの理由は、対露制裁によって悪化している燃料市場での供給が非常に少ないことである。ブリュー氏は、米国企業が1日あたり72万バレル、OPEC諸国が7月と8月に1日あたり60万バレルの増産を計画しているにもかかわらず、これらの努力は十分ではないと強調している。
石油 - Sputnik 日本, 1920, 06.06.2022
サウジ石油最大手、アジア向け大幅値上げ $2.1/バレル増  
これより前、世界銀行のアナリストは2022年、2023年の石油価格予測をウクライナにおけるロシアの軍事作戦と西側諸国の制裁を背景に上方修正した。
関連ニュース
欧米、巧妙手口でロシア産石油を抜け買い 露は大儲け
ロシア、代替市場への石油販売を拡大=露ラブロフ外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала