ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナでの紛争後、世界が複数の陣営に分割される=環球時報

地球 - Sputnik 日本, 1920, 10.06.2022
ウクライナ危機の結果として、国際関係の制度は大きな変化を遂げると予想されている。中国の新聞「環球時報」のコラムニスト、吴心伯氏が指摘している。
吴心伯氏は、ウクライナにおけるロシアの特殊作戦を背景にした対ロシア制裁の導入が、今まで確立されたルールを損なうと指摘している。これらの制裁が世界秩序に与える影響は非常に大きく、長期的であるという。
同氏によると、大国は相互依存を武器に変えるので、経済のグローバル化から統合への移行が起こる。国々は貿易、技術、通貨のブロックに分割される。ドルを武器として使用する米国の対露制裁は、短期的にはロシアに圧力をかけるかもしれないが、長期的には、米国の国際信用を弱め、多くの人が米国通貨への依存を減らすことを考えるように促すとのこと。
西半球は「他のあらゆる半球」より民主主義的となる=バイデン氏 - Sputnik 日本, 1920, 10.06.2022
西半球は「他のあらゆる半球」より民主主義的となる=バイデン氏
吴心伯氏は、ウクライナ危機後、国際制度が分裂すると主張している。すでに国連では、ロシアと中国、そして米国とその同盟国との意見の相違が明らかになっている。この現象は、国際通貨基金、世界銀行、およびその他の管理メカニズムにも徐々に広がる。この分野での協力は当初、地政学やイデオロギーを超えていたが、西側諸国はその利益を推進するためのプラットフォームとしてそれを使用しているという。
同氏によると、国際関係の再編成は東ヨーロッパでの出来事の主な結果である。協力とコンセンサスに基づいて最近まで存在していた構造は弱まりつつあり、2つの対立する陣営と1つの中立的な陣営への分割に向かっている。
関連ニュース
対露制裁が米国の燃料価格に影響=米財務長官
露日関係、日本の現政権のせいで悲惨=ロシア外務省報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала