日本 シンガポールと防衛装備品・技術移転に関する交渉を開始

岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 11.06.2022
日本の岸田文雄首相は11日、シンガポールのリー・シェンロン首相との会談を行った。会談後の共同記者会見で、日本からシンガポールへの防衛装備品輸出を可能にする「防衛装備品・技術移転協定」の締結に向けた交渉開始で合意したと発表した。
時事通信の報道によると、岸田首相は「現下の厳しい安全保障環境を踏まえ、安保協力をさらに具体化していく」と強調した。
日本は東南アジア諸国連合(ASEAN)の5カ国と同様の協定を締結しており、東・南シナ海への進出を強める中国を念頭に、安全保障協力の強化を図る狙いがある。
日本の岸田文雄首相 - Sputnik 日本, 1920, 10.06.2022
日本の岸田首相、シャングリラ対話で講演 露を名指し批判
先に、日本メディアは、日本政府が2014年に定めた防衛装備品の輸出や国際共同開発に関する「防衛装備移転三原則」の改定について検討し始めたと報じた。「防衛装備移転三原則」は、防衛装備品の輸出を限定的に可能としている。
共同通信によると、日本政府は「防衛装備移転三原則」に基づき、米国やオーストラリアなど12カ国と同様の協定を締結している
関連ニュース
米国はアジア太平洋地域での紛争や冷戦、アジア版NATO創設も望んでいない=米国防長官
米中の国防相 バイデン政権発足後初の対面会談
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала