マレーシア航空MH17便撃墜事件の審理終結=オランダ

© Sputnik / Alexey Kudenko撃墜当時の現場の様子(アーカイブ写真)
撃墜当時の現場の様子(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 11.06.2022
2014年7月、ウクライナ上空でマレーシア航空MH17便(ボーイング777型機)が撃墜された事件をめぐりオランダ・スキポールで開かれている裁判で、双方の主張の尋問が終わり事実上の結審を迎えた。
ステインハウス裁判官によると、裁判で提出された証拠の審理には時間を要するとして、判決の言い渡しは早くても11月17日、最大で12月22日まで延期される可能性があるという。
MH17便撃墜事件は2014年7月17日、ウクライナ東部ドネツク州で発生。乗員・乗客298人全員が死亡した。犠牲者の約3分の2はオランダ人だった。
ドローン(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 10.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ軍 民生用ドローンに小型爆弾搭載 
事故後、ウクライナ側は同機がドネツク人民共和国の地対空ミサイル「ブーク」によって撃ち落されたと主張。2020年3月、撃墜に関与したとしてロシア人3人とウクライナ人1人が起訴され、オランダで裁判が始まった。これまでに被告はいずれも出廷していない。
ロシア政府は事件への関与を再三にわたり否定している。
関連ニュース
フランス、自走榴弾砲「カエサル」6両をウクライナへ追加供与へ
ウクライナでの紛争後、世界が複数の陣営に分割される=環球時報
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала