英当局 たばこ購入年齢を毎年1歳ずつ引きあげることを議論へ

喫煙 - Sputnik 日本, 1920, 12.06.2022
英国政府は、英国でのたばこ購入の法定年齢を毎年1歳ずつ引き上げるという、禁煙に向けた新たなテーマを議論することを決定した。政府がこういった取り組みを行うことで、たばこ購入を禁止された世代を作る狙いがある。英スカイニュースが報じている。
現在、英国の喫煙者数は600万人。政府は当初、たばこの購入年齢の制限を21歳に引き上げることを求めていたが、喫煙問題に取り組む独立組織の専門家らは、徐々に「禁煙世代」を作っていく方が良いとの考えを示した。政府は、たばこの投票年齢を毎年引き上げることで、将来的に英国の喫煙者の割合を人口の5%程度に減らし、事実上、禁煙にすることを見込んでいる。
英国政府は2030年までに、禁煙対策プログラムに年間1億2500万ポンド(約208億8000万円)を投資する予定。この資金は、「汚染者負担」枠組みでたばこメーカーから調達され、国民健康保険サービスに投資されることになる。
ニュージーランド 喫煙禁止へ - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2021
ニュージーランド 若者世代のタバコ購入を生涯禁止する法案を提出へ
この禁煙対策プログラムは、喫煙者だけでなく、たばこ製品の小売店の生活を苦しいものにする可能性がある。小売業者がたばこ製品を販売するには、特別なライセンスが必要な場合がある。また、これらの製品の関税も高くなる可能性がある。
当局が「禁煙世代」を作ろうとするのは、英国が初めてではない。マレーシアでは独自の禁煙キャンペーンを展開しており、2005年以降に生まれた国民にはたばこを販売しない計画がある。
関連記事
喫煙が認知症の発症リスクを高める 研究者が明らかに
喫煙により過去30年間で約800万人が死亡=ランセット誌
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала